空調機器保守点検

空調機器をいつも快適にお使いいただくためには、日ごろの保守点検が大切です。
トラブルが起こらないように万全の体制を保つことが、大きく生産性の向上につながります。

空調・低温設備保守契約

安定した快適環境と生産性を保つため、保守契約をおすすめします。

快適な空間づくりに欠かせない空調機器・低温機器。
万一の故障の場合、大きな混乱をもたらします。
企業活動を安定させることからも保守契約が必要です。

保守契約とは

空調機器の能力を長期にわたって維持し、運転効率の向上、故障などのコストの低減など、経営の向上につなげるためのプロによる点検・メンテナンス契約です。

つぎのことをお考えなら、さっそく保守契約です

●快適環境●
冷暖房のシーズン開始に合わせた事前点検をしておきたい。

特に、快適環境をつくる冷暖房空調の場合、使用期間が一定化しています。いざシーズン開始という時に不具合や故障を未然に防ぐことが大切です。

●省エネ●
つねに正常運転を行い、エネルギー経費を節減し機械寿命を伸ばしたい。

設備機器の正常な運転は、快適環境や生産性・品質保持を一定化させることはもとより、運転エネルギーにムリ、ムダがなく経費のロスを防ぎます。

●ライフコスト●
故障による思わぬ出費が心配
経費を標準化したい。

突然の故障などで、思いがけない出費が発生することがあります。事前の点検により、故障を未然に防ぐとともに、管理費の低減が可能です。

詳しくは日立アプライアンスのページをご覧ください。
詳細ページへ

pagetop

機器性能の維持から経済性までを追求する、フルメンテナンスはいかがですか!
フルメンテナンスとは

機器の定期メンテナンスに加え、偶発的故障の修理費無料化、さらに機器のライフサイクルの延長などを行うトータルメンテナンスです。
専門技術者による正確な診断と整備によって、企業の財産を守ります。

フルメンテナンスの利点

●定額コスト●
故障時の出費が一切ありません。

偶発的な故障の修理費は、部品代も含め、一切必要ありません。

●効率運転●
整備、洗浄作業を計画的に実施します。

運転エネルギーのムダを省くために、コンデンサーおよびクーラーなどの熱交換器を定期的に整備、洗浄。電気料金の節減を図ります。

●長寿命化●
設備機器の耐用年数が長くなります。

ライフサイクルに合わせた整備計画により、ライフサイクルコストを低減させ、耐用年数を長くします。

機種・利用条件・予算に合わせてさまざまな保守契約が結べます。

保守範囲と保守メニュー

詳しくは日立アプライアンスのページをご覧ください。
詳細ページへ

pagetop

クリーンルーム保守点検

洗浄空間の精度を維持し続けるため、クリーンルームおよびクリーンベンチの保守点検を専門家が対応しています。

ますます発展する半導体や精密機械産業、そして医学関係。
最先端分野を支えるクリーンルームなどの環境制御システム機器。
空気清浄度に合わせた点検基準により、我々が定期点検を実施し、高度な保守技術で信頼性におこたえしています。

詳しくは日立アプライアンスのページをご覧ください。
詳細ページへ

pagetop

空調設備機器の定期整備

機械整備の高効率化と突発的な異常停止の未然防止に定期点検をおすすめします。

適切な定期整備(予防保全)は、長寿命化と安心できる設備を実現します。

どんなに優れた性能の製品でも、長時間の使用による老朽化は避けられず、それに伴う性能の低下が現れます。
これを放っておけば、十分な機能を発揮しなくなるばかりか、寿命を縮める原因にもなります。
そこで、常に機械整備の高効率を維持し、突発的な異常停止を未然に防ぐために『定期整備』をおすすめします。

『予防安全』または『事後保全』を行う場合、機能・性能の劣化は、その低下の度合いが異なり、使用限界に達する期間、すなわち耐用年数にその差が大きく現れてきます。

【機器耐用年数の考え方】

経過年数と選定機能レベル

詳しくは日立アプライアンスのページをご覧ください。
詳細ページへ